ネクストウェブサーチ

ほぼ網羅しています。是非ブックマークを!

日本のヘッドハンティング会社一覧

登録特化系


※人材側はこちらに登録すれば、個別の会社への登録はほぼ不要です。

サーチファーム型(国内大手)

人材紹介兼業型(国内大手)

人材紹介兼業型(グローバル大手)

サーチファーム型(外資系)

中小(総合)

中小(エンジニア)

中小(IT)

中小(医療系)

中小(経営層)

中小(外資・グローバル)

中小(金融)

中小(その他)


抜けがあれば申し訳ないです。

関連ページ


ヘッドハンティング会社について

大きく分けて3つに分かれます。

1、サーチファーム型
2、人材紹介型
3、登録型


ヘッドハンティングという一般的なイメージでは、1のサーチファーム型です。
企業から欲しい人材を依頼されて着手金をいただき、
依頼に合う人材をどうにか探して紹介する仕事です。

「転職する意志の無い人を転職させる」ことになり、
人材紹介会社等に登録していない人材を引き抜くことが可能です。
もちろん報酬は高いです。

2の人材紹介兼用型というのは、
登録型の人材紹介とヘッドハンティングの両方を兼ねている会社です。
一概には言えませんが、着手金は無く、
入社が決定した時に報酬を貰うシステムのヘッドハンティングであることが多い。

3の登録型は、ヘッドハンティングを直接行っているわけではなく、
「ヘッドハンティングされたい人」と「ヘッドハンター」が登録する形です。
ヘッドハンターがデータベースから人材を探し、声をかけるイメージです。
ただ、人材紹介も手掛けています。

選び方について

個人だと、2か3になります。
一応、1の会社に直接声をかけることもできますが、
よほど魅力的な人材でない限り相手にしてもらえないと思います。

一番気軽なのは3の登録型。
現在のところは「ビズリーチ」か「キャリアカーバー」になりますが、
規模的にビズリーチになるでしょう。
登録すると全国のヘッドハンターの目に留まるので、
「ヘッドハンティング待ち」としては最高のサービスです。
とりあえず登録しておくにも良いです。

2の人材紹介型は、ほぼ登録するとコンサルタントとの面談となります。
ヘッドハンティングも手掛けるだけに、会社側もかなり相手を選びます。
「30代のハイクラスな人材」と、かなり厳しい条件のところも多い。
ただ、魅力的な人材であれば、かなりの好サポートになると思います。

自信が無ければ、
普通の人材紹介会社であるリクルートエージェントなどを利用しましょう。
転職サイト一覧

ページトップへ

Next Web Searchトップへ