ネクストウェブサーチ

 

コーヒーメーカーにミネラルウォーターは危険

 

ミネラルウォーター

美味しいコーヒーは美味しい水から
、は合っている。

ただ「硬水」「軟水」とあって、軟水のミネラルウォーターはコーヒー向けとして人気です。
ただし、注意点があるのです。


細菌の大繁殖

細菌

塩素が無い水は、細菌が喜ぶ。

なんのために塩素を入れているのか?と考えたらわかることです。
コーヒーメーカーは水が常に水が溜まっている状態。
そこに塩素が無ければ、、もう細菌大繁殖。

実際には水道水にも細菌は大量にいるのですが、
塩素により繁殖はかなり抑えられています。
ミネラルウォーターは細菌は少ない反面、繁殖を抑える要素が一切ない。

時間経過と共に、内部は細菌で埋め尽くされていきます。


どうすれば

水道水

水道水で満たしておきたい

味を気にしなければ水道水を入れて飲むのが一番です。
でも、都会のあの臭い水道水なんて嫌!という人は、
使った最後に水道水で空運転するのが良いでしょう。

そうすると水道水が残った状態で保管できます。
ただ、長期保管だと塩素も無くなりますので、できれば定期的に使いたい。
あれ、自然乾燥するかと思いきや、ほとんど乾燥しません。


乾燥コースがあるやつは、それを使って保存をしておきましょう。

メーカーも細菌のことはいろいろ考えています。
なお、クエン酸洗浄は水垢除去なので、あまり関係ありません。


--

以上、コーヒーメーカーにミネラルウォーターは危険でした。


<関連>


Next Web Searchトップへ