ネクストウェブサーチ

 

カプセル式コーヒーメーカー比較を作った。


どれを買うのがいいか?
と迷っている人にこれ以上ない比較をしてみた。

※2016年11月時点

 

1、仕様の比較表

カプセル式コーヒーメーカー仕様比較表

選ぶとしたら「ドルチェグスト」か「ドリップポッド」です。


「ネスプレッソ」はエスプレッソ専用なので、エスプレッソ目当ての人が対象。
キューリグは「タンクの水を沸かす」という仕様が古く、遅い。
よって、日本ではドルチェグストかドリップポッドという状況です。

大きさも気にしておいてください。
設置する予定の場所に置けるか?というのは大事。

あと、ドルチェグストはエスプレッソ式の抽出なので、音がうるさいです。
大きな音が出たらまずい場合はドリップポッドを選びましょう。
お湯が落ちる程度の音しかしません。

 

2、カプセルの種類で比較

カプセル式コーヒーメーカー カプセル種類比較表

カフェオレなどのミルク系を飲むかどうか。


ドルチェグストはカプチーノなどもカプセルで作ることができます。
ココア(チョコチーノ)もあるので、子供も喜ぶでしょう。

ドリップポッドはお茶と紅茶を作れるので、来客に強い。
ミルクとか邪道!という人はドリップポッドをおすすめします。

カプセル一つあたりの値段ですが、上の表は定価です。
定期購入や通販などで安く買えるので、10%くらいは安くなります。
ドルチェグストだけ、スーパーで売っています。
他のは家電量販店で売っています。


3、コーヒーの味で比較

ドルチェグストとドリップポッドのコーヒーの味のグラフです。
※ドルチェグストは管理人調べ(非公式)

<ドルチェグスト>


<ドリップポッド>


ドルチェグストは苦味とコク重視なのに対し、
ドリップポッドは酸味が重視。


といいますか、これは抽出方式の違いとも言えます。
ドルチェグストはエスプレッソ式なので、どうしても苦めになる。
ドリップポッドはハンドドリップ方式なので、喫茶店の味わいです。

喫茶店、自宅で作るコーヒーが好きな人はドリップポッドが良いでしょう。


 

4、本体価格で比較

本体価格比較

ドルチェグストとドリップポッドはほぼ無料。


家電量販店などで買うと高いのですが、
公式の「カプセル定期購入」を申し込むと、本体を無料で貰えます。
定期購入した方が安いので、これで買うのが基本です。

詳しくは公式HPを確認ください。

HP:ドルチェグスト
HP:ドリップポッド


まとめ

ドルチェグストかドリップポッドか。

カフェオレ、カプチーノ、ココア、このあたりに反応する人はドルチェグストが良いでしょう。
コンビニのコーヒーみたいなのが飲みたい人はドリップポッド。

この考えで大丈夫です。


--

以上、カプセル式コーヒーメーカー比較を作った。でした。

<関連>


Next Web Searchトップへ